17 June 2019

My UEA Story: Yukari

Advice to prospective students: 

I think UEA is the best place if you want to study in a cosmopolitan environment with students who have various backgrounds. Discussion from various perspectives and safe atmosphere which respects the view of each student can expand each student’s view.

Regarding academic learning skills, I’d advise the basic skills of academic writing and reading of academic journals. Even though UEA provides many academic support, I saw some international students had difficulties to get used to the practice of academic English in early stage after the first semester began. In my case, learning an INTO pre-masters course helped me a lot to follow the lectures and seminars at an early stage.

Advice to current students: 

Since I did not have any experience in the field of Development, I was overwhelmed by the broadness of the field. Narrowing the focus of interest through daily reading, lectures and seminars, coursework and dissertation helped me decide the direction of the future.

I think it is important to as accept much support as you can get. Not only academic support which the university provides, but also support from fellow students is very meaningful. In my case, I shared to and asked advice from my course mates and friends about questions found in lectures, dissertation topic and future career. Sometimes I could solve the issue by myself after talking to them, and other times their opinion from various perspectives helped me to find the way.

I enjoyed close communication with lecturers, which contributed greatly to academic growth. Because UEA lecturers were all very supportive, I often discussed with them about my ideas when I worked on essays and presentation of coursework. Feedback on coursework also led to my deeper understanding of learning and expanded my perspective.

It was also great for us to have many opportunities to think about future career. Some lecturers often set talk sessions with alumnus and practitioners working in development field. We were also provided various practical seminars and workshops by external lecturers. Through taking these opportunities, I could find out my core pillars to decide future career, which were humanitarian emergency affair and education and child protection in emergency. 

Another favourite memory of UEA is spending fun times with friends, which always relaxed me and energized me. Having coffee and eating dinner with course mates and flat mates, joining bible club, going for pub crawl…all these things relieved stress from intensive study. Since everyone has very different background, I always made a new discovery in conversation.

Current career: Program Officer of HEA (Humanitarian & Emergency Affair) Unit, Program/Operation Dept., World Vision Japan 

UEAの思い出: 

レクチャラーが積極的に学生の相談に乗ってくれるので、エッセイやプレゼンテーションなどコースワークに取り組む際は、よく自分の考えについて話を聞いてもらい、アドバイスをもらった。コースワークのフィードバックでは、どうすればよりよい成果物となったのか詳しく説明が聞け、理解をふかめることができた。このようなレクチャラーとの緊密なコミュニケーションはよい刺激となり、自分の理解を深め成長につながったと思う。 

  

またレクチャラーの中には、卒業生や実際に働いている実務者を講師として招き、話を聞く機会を積極的に作ってくれ人も多かった。また大学も、外部講師によるPracticalな講習会を定期的に開催し、自分の興味関心に応じて受講できる豊富な機会があった。これらの機会を通し、緊急下の教育支援・児童保護、緊急人道支援という就職活動の際の軸が見いだせたと思う。 

  

その他、コースメートやフラットメートなど友人と楽しく過ごした時間もよい思い出で、Caféで話したり、食事をしたりしたこと、友人が開催するバイブル・スタディに参加したこと、パブめぐりをしたことなどが日々のストレスを和らげて、また新たな元気をもらえる時間だったと思う。また様々なバックグランドを持つ友人たちとの会話はいつも新しい発見があり、とても貴重な時間だったと感じる。 

  

現在の職業:ワールド・ビジョン・ジャパン、支援事業部緊急人道支援課、プログラム・オフィサー 

  

UEAで学ぶことを検討されている方・学ぶ予定の方へのアドバイス: 

留学生がたくさんいて、教授陣もフレンドリーで積極的に相談にのってくる。授業の議論もあらゆる側面から、また一人ひとりの意見が尊重される環境で行われるため、多様なバックグランドをもつ学生の中で視野を広げたい人によい大学だと思う。 

  

もうすでにUEAで勉強される予定の方は、できる限りacademic Englishの基本を学んでおくのもよいと思う。UEAでは留学生のためのacademic supportもとても充実しているが、修士課程では始まってすぐに授業が本格化するため、日本人に限らず留学生の中には、慣れないacademic journalの読み方、エッセイの書き方に慣れるのに苦労している人も多かった。私の場合は、修士課程準備コースで学んだことが、最初授業についていく際にとても役に立ったと感じている。 

  

現在の学生の方へのアドバイス: 

開発分野はとても広く、卒業後のキャリアを決める際には、自分の興味・関心の分野ができる限り明確に見えていたほうが、自分の進むべき方向性を定めやすいと感じた。特に私のように開発分野での経験がない方には、日々のレクチャーやセミナー、リーディングやコースワーク、卒業論文を自分の関心を深めて追及する機会と捉え取り組むとよいのではないかと思う。 

  

また大学が提供するサポートだけでなく、コースメート達からサポートを受けることも重要だと感じた。私は日々のレクチャー・セミナーでの小さな疑問から卒業論文のテーマや仕事の選択まで、考えが煮詰まってしまったときは、必ずコースメートに相談し、話しているうちに自然と考えが整理されるときもあれば、様々な視点からの意見に助けられることもあった。 

  

  

<卒業生の声 3: 岩間 縁さん MA Education and Development> 

岩間さん(写真右)はUEAで教育と開発を学ばれていました。 

現在は、ワールド・ビジョン・ジャパン東京オフィスで、支援事業部緊急人道支援課、プログラム・オフィサーとして一線でご活用されています。