17 June 2019

My UEA Story: Shohei Yamaguchi

Hi, I am Shohei Yamaguchi and I studied MA Applied Translation Studies from 2015-2016. I am now working at a Norwich-based company as an in-house translator. 

I decided to study translation at MA level when new translation standards were approved.  An MA degree in translation is recognised as a universal qualification for professional translators. The reason I chose to study in the UK was because I could complete an MA in a year and I didn’t want to go for longer without an income. The modules UEA provided were well-balanced between academia and practice, from translation theories and outlines of current translation industries to translation software, necessary for translators. However, practising your translation skills outside the classroom is indispensable and the work experience module gives you this opportunity. 

Norwich is the ideal location to travel to London to look for work.  It is just two hours by train. 

It is important to travel and spend time for leisure as long as you can, but how much you strive will change your life and results after a year. The more you become hungry and active, the bigger rewards you get at the end of your study. 

初めまして。2015~2016年、MA Applied Translation Studiesに在籍していた山口翔平と申します。現在はノリッチで、社内翻訳者として働いでいます。 

大学院で翻訳を勉強することを決めた理由のひとつに、翻訳の国際規格が採択され、翻訳修士号が世界的に効力を持つようになったことがあります。また、日本で社会人経験があり、収入の得られない学生生活に戻ることに不安を感じていたため、1年で卒業可能なイギリスを選びました。そのなかでも、UEAを選んだ理由は、授業内容が実務に近いと聞いていたからです。翻訳理論から翻訳業界の概要、翻訳者にとって必須な翻訳ソフトウェアの授業まで幅広く構成されており、学術と実務をバランスよく学ぶことができました。もちろん実際の翻訳を行うモジュールもありますが、授業外で個人的に翻訳の訓練をすることは必須であると感じました。 

地理的な要素でいうと、UEAがあるノリッチからロンドンへは、電車で2時間程度しかかかりません。ロンドンへ日帰りで行くことも可能なため、観光のしやすさと就職先の多さを考慮すると好立地だと思います。 

貴重な1年を海外で過ごすので遊ぶことも大切ですが、どれだけ一生懸命勉強して貪欲になれるかが1年後の結果に差が付くと思います。貪欲にアクティブになればなるほど、勉強だけに限らず、期待と投資したお金を裏切らない結果が得られると思います。